2013-02-19

真剣な眼差し!流氷硝子館・職場訪問学習



去る2/18(月)

流氷硝子館に網走市立第一中学校1年生の生徒さん4名が

職場訪問学習に来て下さいました!


あいにく、今月と来月は売り場は開いてるものの

工房・カフェはお休みだったため、作業風景はお見せできませんでしたが

生徒さん達の質問に丁寧に答える工房長のお話に

みんな真剣に耳を傾けていました。


売り場にてエコピリカガラスについての説明






工房にて製作の手順や道具の説明






彼らが1番興味を引いたものはこちら


?なんでしょう



エアーガンです。



ガラスを製作しながら、部分的に冷ましたりするのに使用します。

吹きガラスで「下玉」と呼ばれる土台となる玉を冷ます時にもよく使うのですが・・・

私は体験の時、説明しながらお客様にも風をあてたりします(笑)

不意にやると、皆様ビッツクリ&喜んで下さるので・・・



次に興味を抱いてくれてたのがこちら

地下室の原料置き場


特大水槽の中に入ってる砕かれた蛍光灯ガラスの多さに、皆びっくりしていました。

年間、およそ14トンも使ってますからね~



将来ある生徒さん達に、今回の職場訪問学習が

良い刺激になってくれていたら幸いです。



ちなみに・・・

工房長、学生時代のアメフトで痛めた古傷で足首炎症中のため、

ここ何日か、車椅子生活を余儀なくされてます。
外出の際は、松葉杖・・・

・お見舞いに、甘いものはお控え下さい。
(バレンタインにチョコを貰いすぎて・・・)