2011-12-30

ごあいさつ

2011年も残すところあとわずかとなりました。
本年は皆様に格別のご愛顧を賜り、まことに有難く厚くお礼申し上げます。
来年も、より一層のご支援を賜りますよう、流氷硝子館スタッフ一同ものづくりに励んでまいります。



本年の営業は本日までとなっております。
再度、年末年始の営業日をご案内申し上げます。



2011-12-27

電気窯の修理完了

修理が終わった電気窯



約1ヶ月にわたった電気窯の修理&メンテナンスがやっと終わりました。
温度も上がり、使い始めたところです。
調子も抜群に良いです。
こんなにきれいになりました!
といっても、どのへんがきれいになったのかはこの画像からは全く読み取れないんですね。


メンテナンスしたところで、来年も「ロペックス製の電気窯」に頑張ってもらいましょう!
大事に使っていきますよ。


そこで、一つ山を超えるとまた次の山は現れるんです。
人生はいつもその繰り返しですよね。
流氷硝子館の次の山は「ガス窯の修理&メンテナンス」です。
窯の解体始まってます。
ガス窯の修理はまた次回に・・・


あっとい間に1年が経ち、年末です。
2011年もあと28・29・30・31と4日間です。
あら、まだ意外と日数ありました。
ということなので年末の挨拶も、次回に・・・






虹=Rainbow



画像中央にうっすらと・・・





ここ最近天気が良い日中に、流氷硝子館売場の床に『虹』が現れます。







二本の虹が現れます






ものをつくっている流氷硝子館ですが、
自然の美しさには敵わないなぁ・・・。
なんて思ったり思わなかったり。






2011-12-24

クリオネ in 流氷硝子館!

「流氷の天使」が出来ました!


スタンドタイプのクリオネ
尻尾の部分をクルンとするところ、全体のフォルムのバランス、そしてデザインに悩みました。

リアルなものがいいのか、キャラクターチックなものがいいのか、、?

試作を何度か繰り返しているので、このデザインのほかにもチラホラちょっと違うクリオネがいます、、、。

では、せっかくなのでクリオネについて調べてみました。
和名は「ハダカカメガイ」。 英語では「sea angel」とも。
学名はクリオネ・リマキナ(Clione Limacina)発見は1774年くらい。
「リマキナ」が「ナメクジ」という様な意味です。
「クリオネ」という名前は、ギリシア神話の文芸の女神「クレイオー」から由来するみたいです。
「クレイオー」は、ラテン語で「祝福する」という意味です。

貝類ですが、幼生のときにある殻は成長するとなくなります。不思議ですね。
頭と体にピンクの不透明なものが見えます。
頭のピンクは、「バッカルコーン」と呼ばれる触手で、捕食する際にミミズのように出てきます!
クリオネは目がなく、この触手が嗅覚センサーになっています。
体のピンクは、内臓器官です。食べ物や環境で、ここが黒くなったり、緑になったりします。
羽に見えるのは翼足という部分で、これを使って遊泳します。
休むときは翼足を動かさずに、頭を下にしてよしかかります。

一番驚いたのは、クリオネは何も食べない飢餓状態でも、半年から1年生きられるという事です!
クリオネはあまり活発に捕食しに行くような生物ではなく、また、遊泳力が弱いので、ほぼ波に任せて漂う移動の仕方をします。餌になる種類の生物も少なく、必然的に出会う確立も少ないわけです。

早ければ、1月にも流氷がやってきます。
今年もたくさん流氷が来てほしい!クリオネもたくさん来てほしい!お客さんもたくさん来てほしい!



写真のクリオネは、
右側の透けて見えるクリアのものが1500円
左側の白いほうが1600円です

かわいい動物シリーズをあつめて、ディスプレイしてみるのも楽しいです。

2011-12-15

流氷硝子館 in 札幌 地下歩行空間!

 今週末、札幌で行われる 網走市の観光PRイベントに、流氷硝子館も参加いたします!

12月18日(日) 10時から18時まで、札幌地下歩行空間にて、流氷硝子館商品を販売いたします。

18日のみですが、スピード抽選が出来たり、あの流氷パタラ(ミス網走?)にも会えます。

他にも様々な観光PRイベントが札幌市内で行われており、札幌駅西口コンコースにはなんと、

流氷の塊(60×60)が来るようです! 

 網走市の観光PRなので、おなじみ網走監獄や流氷館、砕氷船オーロラ号、網走市内の宿泊施設などが地下歩行空間のイベントブースに来ます。

この冬、「網走に行きたいな、、砕氷船オーロラ号が気になるな、、」と思っている方は、この場で計画が立てられるので、とてもいい機会ですよ!

流氷硝子館の商品は、

雪だるま、アザラシ、今年の干支うさぎ、来年の干支たつのおとしごなどのかわいいアニマル系、

 









流氷をテーマにしたグラス、ぶんちん、流氷のカケラのストラップなどが販売されます!











お近くの方は是非お越しを!

2011-12-13

オーガニックハーブティーといえば・・・




オーガニックハーブを買いに、北見市にある「香遊生活」へ行ってきました。


無農薬栽培です。
広大な敷地を管理しています。




流氷硝子館には、併設でカフェがあります。
「シーニックカフェ 帽子岩」といいます。
ここでのメニューにハーブティーがあります。
そのハーブティーは「香遊生活」さんのなんです。

シーニックカフェ帽子岩でのハーブティー

帽子岩カフェでは、ピンク色と青色のを選んでますが、
香遊生活さんではいろんな種類を販売してます。


この時期、暖まりたい皆様にはハーブティーですね。
薪ストーブに火も入りましたよ。


ガラス工房での制作風景を眺めながら、薪ストーブで暖まりながら
冬のオホーツク海を眺める。
そしてオーガニックハーブティーを飲むってのはいかがですかー?




屋外看板を追加しました。


オホーツク海側(道の駅側から)





流氷硝子館には、入り口が3箇所あります。
海側から来た皆様にもわかりやすいように、看板を新設しました。

吹雪でも見えるように外壁の色に合わせました。

寒い中で、入り口はどこだ?駐車場は?なんてことが少しでも減ってくれれば。
そんなことをスタッフ一同願ってます。


お待ちしております。




2011-12-11

新しいアニマル商品が仲間入り

新たにアザラシの商品が出来ました。
アバちゃんでおなじみのアザラシは、アイヌ語ではトッカリとも呼ばれています。

※写真の流氷土台は別売りとなっております

ポイントはかわいい尻尾がある後姿と、ブツブツがあるひげ付近です。
手にとって見ていただくと、すごくかわいさが伝わってくると思います!

透明と白の2色あります。

透明は1500円  白は1600円 です。

ご家族やお友達のお土産、クリスマスプレゼントに迷いましたら是非とも。
「かわいい~!!」と喜ばれることうけあいですよ!

是非流氷硝子館に見に来てください!


・・・・・トッカリつながりで、もうひとつ耳よりな情報があります!
みなさん「あばしりネイチャークルーズ」という観光船をご存知でしょうか?
4月から10月末までの間、イルカやクジラ、ウミドリを生で見ることができる
非常に楽しいツアーです。

その観光船が、2012年3月10日(土)~4月22日(日)の間、
今度はアザラシを見るツアーになります!
船が出発する場所は流氷硝子館のすぐ裏です!

以下、網走ネイチャークルーズ トッカリ(アザラシ)ウォッチングより


 流氷と共に網走にやってくる「トッカリ(アザラシ)」たちの群棲地を、クルーズ船に乗って海上から観察するツアーです。近くには、冬になると氷の滝となる「チャラセナイの滝」も見られ、切り立った崖の上には、優雅に飛ぶオオワシやオジロワシの姿も見られるチャンスもあります。また、“流氷”の状況によっては“流氷”も見られる場合があります。

詳しくはこちらへ→網走ネイチャークルーズ トッカリ(アザラシ)ウォッチング






2011-12-08

雪の結晶イルミネーション







本日から、流氷硝子館内の売場スペースに雪の結晶が浮かんでます。
イルミネーションです。


工房長の先輩である硝子職人「studio π」上杉さんからのプレゼントです。
※スタジオ パイ と呼びます。

流氷硝子館に来ていただいた皆様に楽しんでいただければ・・・

正面入口から入ってすぐの太陽の窓の前に浮かんでます。

設置の場所をいろいろと考えた結果、屋外ではなく売り場内に吊るすことにしました。
向かい側には、鹿角のシャンデリアもあります。
一気に天井空間が豪華になりました。

昨日から、あれこれ設置の準備をしていましたが。
スタッフが一番喜んでいますね。
華やかです。

クリスマスの間だけではもったいないので、しばらくこのまま設置します。



きらきらしていてきれいです。



年末年始のお休みと営業





2011-12-07

時は金なり。

任務を全うした姿


長いことスタッフの皆さんの時間を正確に刻み続けてきましたが、
とうとうお別れの瞬間がきたようです。

タイムカードの機械が壊れました。
カードを受け入れなくなりました。
いやになってしまっったんですかねぇ。

部品も製造していないとのこと。

長い間お疲れ様でした。
この機械は、流氷硝子館がはじまるもっと何年もずっと前から使われていたものです。

残念ながらタイムカードの機械という役目はおわってしまいましたが、
時計としてはまだ使えそうです。
電源コードが必要なので、置き場所に取られてしまいますけど。

明日からは、新入りにがんばってもらいます。
長い付き合いになるでしょう。

2011-12-06

クリスマス用オーナメントの製作体験ができます!

12月も中旬に差し掛かり、クリスマスが近づいてきました。
みなさんクリスマスの準備はお済みですか?

まだというそこのアナタ!
なんと、流氷硝子館ではクリスマス用のオーナメントを作ることができます。


廃蛍光灯リサイクルガラスを使い、当工房で製作した吊り型の丸いオーナメント。


そこに色々な種類のシールを選んで貼り付けます。

きれいに貼れたら、次は専用の機械で砂を吹き付けて、スリガラス状の加工を施します。

吹きつけ終わったら、シールをはがします、、、。

するとあら不思議! シールのところだけ透明に!




簡単な体験ですので、小さなお子様からご年配の方まで、ご家族で楽しめます!

この時期オススメの体験です。

所要時間は約20分ほど。

料金は1300円からです。

2011-12-02

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 2011

札幌で開催中の『ミュンヘンクリスマス市』に出店します。
というより、本日から出店しております。

サテライト会場なので、札幌駅~大通にかけての地下通路です。

札幌駅前通地下歩行空間は、『クリスマス・マルシェ』というブースです。
たくさんの食品がならんでいますが、ちゃっかり流氷硝子館の硝子製品も置かせていただいております。
お見逃しなく・・・



クリスマスをイメージした商品をいくつか販売しております。

雪をイメージして製作している「雪ん子シリーズ」の商品。

雪乃スマートグラス


雪乃丸一輪
※オイルランプとしても使えます。

雪の結晶の模様がはいったコースターや小皿なんかも販売しています。

雪結晶コースター


昨日から販売開始した「たつのおとしご」も小さいサイズのみありますよ。

お近くにお住まいのかたは、流氷硝子館の商品をご覧になってみてください。

本日12月2日~9日までの期間限定での出店です。


販売をしていただける皆様ありがとうございます。
よろしくお願いします。